今、すべきこと~部活編~

皆さん、こんにちは!

休校や外出自粛が長引き、今までにないほど、家にいる時間が長くなっているのではないでしょうか。始まらない初めての高校生活に、不安を感じている人も多いと思います。そこで今回から2回にわたって、部員の思う「今やっておくべきこと」をご紹介します!初回となる今回は、部活編をお届けします!(勉強編はこちら)

今やっておくべきこと~部活編~

まずは、自分の入りたい部活をいくつか見つけましょう!自分は何をしたいのか、どういう高校生活を送りたいのかを考えると良いと思います。各部活の情報は、学校HPでも公開しています。確認してみてください!

自分の入りたい部活が見つかったら、そこで活躍するために、家で何ができるか考えてみましょう!ここでは吹奏楽部への入部を考えている皆さんに向け、楽器が吹けなくてもできる「吹部で活躍するためにやっておくべきこと3選」(OHSWO調べ)をお伝えします!

~吹部で活躍するためにやっておくべきこと3選~

①音楽に関する知識を身につける
譜読み速度と精度を上げる
ドイツ音名を覚える
調号や音階、速度記号などの音楽知識をつける
これらのことを少しでも覚えていると、合奏や普段の練習がよりスムーズになります!
自分の好きな曲や演奏したことある曲などから始めてみるのも良いと思います♪

②色々な演奏を聴く
吹奏楽コンクール課題曲を聞く
吹奏楽アレンジが有名な曲の原曲(ポップスからオーケストラまで!)
様々な楽器のソロ演奏や有名なクラシック音楽
自分の中に理想の音を持っているだけで練習の効果はとても上がります。
好きな音を見つけたら、聞きこんで自分のものにしていきましょう!

③楽器を使わずに練習する
ブレス練習の前に!OHSWO基礎トレーニング
OHSWOでやっている、楽器を吹く前の体ほぐし運動です。詳細は新入生特設ページでご紹介しています!(閲覧は申込制です。まだ申し込んでいない人はこちらから!)

ブレス練習
ブレスビルダーやスピロメーターといったブレス器具を持っている人は、それを活用しましょう!持っていない人は、からの牛乳パックとストローや、トイレットペーパーの芯を使ったり、手を楽器と同じくらいの輪にしたりして練習すると良いと思います!また、新入生特設ページでもOHSWOで普段やっているブレス練習をご紹介しています!ぜひご覧ください!(繰り返しになりますが、閲覧は申込制です。まだ申し込んでいない人はこちらから!)

口だけで!タンギング練習
これは全吹奏楽器におススメです!やり方は簡単。楽器を吹くときのアンブシュアを作って、楽器を吹いているつもりでタンギングするだけです!OHSWOでは全部員が最低限♩=120で16分音符のタンギングができることを目標としています。またフルートと金管楽器はダブルタンギングが必要になることもあるので、練習しておくと良いと思います!

また、特設ページでは木管楽器、金管楽器、打楽器それぞれにおすすめの練習法も紹介していきます!

いかがでしたか?次回は勉強編をお届けします!お楽しみに!